バレーボール五輪最終予選で日本4連勝で北京へ王手・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレーボール五輪最終予選で日本4連勝で北京へ王手


なんだかあまりに安心してバレーボールの日本代表の試合が観れるのは良いのか悪いのか?ワールドカップの時の緊迫感が懐かしい。まぁ考えてみれば今回の世界最終予選出場国のなかで世界ランクは2番目だから仕方がないといえば仕方がないのだけど。

バレーボールの北京五輪女子世界最終予選兼アジア大陸予選第4日は21日、東京体育館で行われ、日本はドミニカ共和国を3-1で破り、開幕4連勝とした。23日の韓国戦に勝てば、2大会連続の五輪出場が決まる。

やっぱり気になる控えのセッター河合由貴さん、彼女がいる意味がよく分からない。確かに今までの全日本のセッターからすると168cmは小さくはないが昨年のワールドカップや今回の世界最終予選でもほとんど使っていない。流れが悪くなったときに竹下の代わりを任せられる人とか身長を気にしないなら今回Vリーグで優勝した東レのセッターの中道(159cm)、身長で大山加奈の妹の大山未希(179cm)を入れてみないのかな?この二人と荒木、木村がチームメイトだからコンビの心配も少しですみそうだしね。あと大山未希をメンバーに入れると大村がワンポイントブロックに使ったときにセッターがいなくなる不具合も身長がある大村未希を入れることでブロック要員とセッターを兼ねて投入することができるようになのだが、いかがでしょうかね?

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080521-00000176-jij-spo

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。