日本女子バレーボール柳本ジャパン、またもや公約守れず惜敗・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本女子バレーボール柳本ジャパン、またもや公約守れず惜敗


ワールドカップで3位以内に入ってオリンピック出場権を獲得するとの公約よりは今回のバレーボール世界最終予選での全勝優勝はかなりハードルは低かったが結局全勝はかなわなかった。

バレーボールの北京五輪世界女子最終予選兼アジア大陸予選最終日は25日、東京体育館で行われ、既に北京行きを決めている日本はセルビアに2-3で競り負け、通算6勝1敗の3位に終わった。日本は同じ勝敗で並んだポーランド、セルビアに得点率で及ばなかった。

最終的には世界ランクの7、8、9位が勝敗では1位に並んだ形になった、最終的に順番は9、7、8位だったけどね。

日本は杉山(NEC)、荒木(東レ)の速攻などが効いて2セットを先取したが、セルビアに高さを生かした攻守で反撃され、最終セットでジュースに持ち込んだが力尽きた。

2セット連取したのでいけるかなと思ったが、まさか3セット連取されて逆転負け。ちょっとショックだが第3セットを獲られたときにもしかしてという気は少ししたけど。この結果を見ると昨日の両チームの戦い方が結果に影響した感じがしてならない。疲れが見れるが全勝を目標に頑張った日本に対して、主力3人ポーランド戦から外したセルビア。結局はポーランドが1位となったのは面白いが。

カザフスタンはタイを3-1で破って2勝5敗。韓国と並んだが得点率で上回り、日本を除くアジア最上位として初の五輪切符を獲得。韓国は4大会連続の五輪行きを逃した。これでポーランド、セルビアを含め今大会4チームが予選通過を果たし、五輪に出場する12チームが出そろった。

さて出場資格取得条件変更のゴタゴタで変更前のドミニカにかわってカザフスタンが北京オリンピックに出場が決まった。これで12国が出揃った、イタリア、ブラジル、アメリカ、ロシア、キューバ、ベネズエラ、アルジェリア、ポーランド、セルビア、日本、カザフスタン最後に開催国でアテネ五輪金メダルの中国。

この顔ぶれでやっぱり今の全日本女子バレーがメダルを手にするのはかなり厳しいな。というか前回アテネ五輪の5位の位置を確保するのも苦戦しそうだな(しかしあれだけアテネ五輪での戦い悔しがっていたのに順位としては5位だったんだね)。日本の陣容はこの最終予選代表から入れ替えは難しそうだもんな、なんせトスアップからスパイクまで1秒以内の高速バレーだからな。ということで怪我さえなければ控えセッターの河合由貴と今回初代表に選ばれたウイングスパイカーの狩野美雪の二人ぐらいしか入れ替えどころはなさそう。とくに河合はプエルトリコ戦の第二セットに出ただけだった、この時期に経験つましている余裕なんて日本にはないように思います、オリンピック終わってからにしてください。それとせっかく30歳を超えて代表に選ばれたのに結局は高橋みゆきの当て馬だったのかと思えてしまう起用のされ方で出番少なすぎ。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080525-00000087-jij-spo

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。