菅山かおる引退、佐野優子のように拾えず櫻井由香のようにチームを盛り上げることもできないとなるとリベロとしては厳しいな・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅山かおる引退、佐野優子のように拾えず櫻井由香のようにチームを盛り上げることもできないとなるとリベロとしては厳しいな


柳本監督がどうして菅山をアタッカーからリベロにしたのかよく分からなかった、たしかにレシーブは良かったがリベロとして強引にボールを取りに行く姿勢がないのが気になってどうして菅山をリベロとして使うのか不満を感じていた。

さらにビックリしたのがVリーグに戻ってからもリベロ選手となっていたことだ。以前守護神と言われた津雲博子はずっとかどうかは定かではないが代表から戻ったらスパイカーもしていた記憶があるのだが・・・(2003年にベストリベロ賞とっているのでその年以降は確実にVリーグではリベロやってたようですね)、とにかく津雲はVリーグでレシーブに関する賞を何度も受賞しているが、悲しいかな2005年に代表に招集された年にレシーブ賞を獲っているがそれ以降は・・・リベロは性格的にあまりあっていなかったように思える。

代表の試合に出てきたときの切れの良いスパイクをもう一度拝むことなく引退とはちょっと寂しい感じがしてならない。

バレーボール・プレミアリーグ女子のJTは30日、元日本代表の菅山かおる(29)が今月限りで退団し、現役を引退すると発表した。今後は未定。

バレーボールの解説は専門チャンネルはどうか分からないが、中田久美、大林素子の独壇場(あとは益子さんを見るくらいかな)だからしゃぺりはどうか分からないが菅山さんはルックスがいいのでチャンスはあるのでは、喋りが不得意ならやっぱり指導者かな。どういう道に進むか気になりますね。

菅山は宮城・古川商高(現古川学園高)から小田急を経て1999年にJTに入団。リベロやアタッカーとして活躍し、日本代表にも選出されて2006年の世界選手権などに出場した。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080530-00000183-jij-spo

 

Copyright © スポーツをみ続けて All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。