北京五輪行きを決めた後のアルジェリア戦はどう戦うのか?気になる・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京五輪行きを決めた後のアルジェリア戦はどう戦うのか?気になる


昨日アルゼンチンに3-2のフルセットの末劇的に勝利して北京への切符を手にした植田ジャパンだが、世界最終予選兼アジア大陸予選の最終日をどのような選手起用をしてくれるのか気になります。

大詰めのオーストラリア、アルゼンチンの試合で一気に出番が少なくなってしまった越川優、宇佐美大輔の二人と初選出の福澤達哉をアルジェリア戦でどう使うのかが気になるところ。

越川は荻野に出番を奪われた形になってしまっていたが年齢的に連戦がきつくなってきている荻野が北京五輪出場が決まったのに無理に出場させることはまずないからアルジェリア戦に出場してくるだろうが、宇佐美はどうなんだろうか、朝長に代わって途中出場したアルゼンチン戦でもあまりいいところなくすぐに朝長に交代してしまったしなぁ、でもそこを修正させるためにアルジェリア戦に使う可能性もあるかな。

全日本で一番高いところに手が届くアタッカーでは一番背の低い福澤は試合慣れのためにスターターとしてアルジェリア戦で使いまくるのか、それともあまり出場していないので秘密兵器としてこのまま北京五輪の最終兵器として取っておくのか?

とにかく気楽に楽しみながら全日本男子のバレーボールをじっくり観戦するとしましょうかね。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。