三年連続で同じ組合せ同じ結果~全仏オープンテニス男子シングルス~・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三年連続で同じ組合せ同じ結果~全仏オープンテニス男子シングルス~


今年27歳になるフェデラーが22歳のナダルに3年連続同じ顔合わせで3連敗してナダルに全仏テニス4連覇を許してしまった。

これまで2年間はナダルから1セットは取っていたのに今回はストレート負け力の差は広がった感じがしてしまって残念。フェデラーは4大大会で唯一全仏だけ優勝できていないだけに是が非でも取りたかったタイトルだがまたしても届かなかった。

ナダルは結局2008全仏は1セットも落とさずに完全優勝だったので、誰かがナダルを破ってくれる可能性も相当低いのでフェデラーは自力で勝たなければ全仏のタイトルを取ることはできそうにない、来年のこの二人の戦いも注目されそうだ。

テニスの全仏オープン最終日は8日、当地のローランギャロスで男子シングルス決勝が行われ、第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)を6-1、6-3、6-0で退け、1978~81年のビョルン・ボルグ(スウェーデン)以来、史上2人目の4連覇を達成した。

両者の決勝対決は3年連続。ナダルが序盤からストローク戦で優位に立ち、3セットを連取した。フェデラーの四大大会制覇(グランドスラム)は、またも持ち越しとなった。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080609-00000004-jij-spo

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。