常葉菊川高、登録9選手を除外 特待生問題で春季県大会・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常葉菊川高、登録9選手を除外 特待生問題で春季県大会


今春のセンバツで初優勝した常葉菊川高(静岡県菊川市)が27日、同校の奨学金制度が日本学生野球憲章に抵触する恐れがあるとして、28日開幕の春季県大会に登録した奨学生9選手の除外と部長(責任教師)の退任を同県高野連に伝えた。

同校は学業など総合的に優れた選手に対して授業料減免などの奨学金制度を設けており、同大会でベンチ入り登録した2、3年生20人のうち9人が奨学金を受けていた。県高野連は同大会出場校に対し、該当選手がいる場合は大会前までに変更するよう要請していた。
 ただ、同校の奨学金制度は運動部員だけを対象にしたものではないため、同校は最終的な特待制度の申告はしていない。制度が同憲章に抵触するかどうかを検討し、申告期限の5月2日までに判断するという。

奨学金制度なんてどこでもやってそうだがそれが日本学生野球憲章というのに触れるとは
ビックリした。しかしベンチ入りの約半分が奨学金を受けているのはちとやり過ぎのような気も
する。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070428-00000009-mai-spo

Copyright © スポーツをみ続けて All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。