アメリカに惜敗、でもワールドカップのストレート負けから大躍進!・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカに惜敗、でもワールドカップのストレート負けから大躍進!


昨年のワールドカップ2007でストレート負けしているアメリカ相手にフルセットまで行けたのは収穫といっていいのだろうね。ブロックでかなりアメリカに差をあけられていたようだが荒木絵里香が戻ってくればアメリカに余裕勝ちしていまいそう(笑)

バレーボール女子のワールドグランプリは22日、グリーンアリーナ神戸で予選ラウンドA組の2試合があり、日本は米国にフルセットの末、今大会初黒星を喫した。ともに2勝1敗に。

それにしてもアメリカの200cmのハニーフの高さは反則だよね、身長と手の長さであまりジャンプしている感じがしないときでも日本のブロックの上から打たれているように見える。

第5セットは立ち上がり、木村(東レ)のサーブをきっかけにリードを奪ったものの、米国の高さのあるブロックに苦しみ、終盤にはバックアタックなどでミスも出て粘り負けした。同組ではトルコがカザフスタンをストレートで降し、2勝目。カザフスタンは3連敗。

今回の神戸ラウンドはアメリカ、日本、トルコがつぶし合って2勝1敗でならんで、カザフだけが全敗というかたちになってしまったが、次の香港では気を引き締めていかないと対戦国がイタリア、中国、キューバらしいから日本がカザフになってしまうこともある、とくに中国、キューバは北京五輪で同じ組だからどういう戦い方をするのか楽しみだ。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080622-00000072-mai-spo

 

Copyright © スポーツをみ続けて All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。