背泳ぎの中村真衣が引退・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背泳ぎの中村真衣が引退


競泳女子背泳ぎの第1人者として活躍してきた中村真衣(27)=JSS長岡=が27日、新潟県長岡市内で会見し、現役引退を表明した。昨年から右肩の痛みを抱え、今春の世界選手権(メルボルン)を最後に引退することを決めていたという。

五輪には1996年アトランタ、2000年シドニーの2度、世界選手権には6度出場し、シドニー五輪では100メートル背泳ぎで銀メダル、400メートルメドレーリレーで銅メダルを獲得した。今後は未定で、「多くの方に水泳の素晴らしさをお伝えできればいいなと思っている。いろんなことにチャレンジしたい」と語った。

メルボルンの世界大会でもあまり活躍できなかったと思ったら怪我を抱えていたんですねそれ
も背泳ぎで肩が痛いのはきつかったはず。同じ姓の中村礼子、伊藤華英などが出てきて
いいバトンタッチができた感じだ。
シドニーのメドレーリレー銅メダルの最後の選手が引退か時代の流れとはいえちょっと寂しい
な。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070427-00000099-jij-spo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。