田沢くんの大リーグ初マウンド、緊張したぁ・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田沢くんの大リーグ初マウンド、緊張したぁ


これだけ0が並ぶスコアボードをみるのも久しぶりだった。

テレビをつけるとブルペンに斉藤、田沢の日本人投手2人しかいないではないか!

どっちを先に使うのかなと思っていると斉藤がマウンドに上がった。

すると今度は斉藤を何回投げさすのか気になりだした。

すると前日も斉藤が投げているので斉藤は1回でマウンドをあとにした。

これで残った投手はこの日メジャー昇格したばかりの田沢のみいいピッチングをしたりしたら何回まで投げさせるのかと気にしていると、

けっこういい当たりをされます。1回は0点に抑えたが見方のファインプレーやいい当たりが正面ついたりしての無失点だったので次の回はきついなと思っていたが案の定アレックス・ロドリゲスにカーブをお久しぶりホームランされてしまった。

次回の登板でどのような投球ができるのか気になるところだ。


米大リーグは7日、この日メジャーに昇格したばかりのレッドソックスの田沢がニューヨークでのヤンキース戦で0-0の延長十四回に8番手で登板し、十五回にロドリゲスにサヨナラ2点本塁打を喫して0-2で敗れ、敗戦投手となった。ヤンキースの松井秀は5打数2安打。レッドソックスの岡島、斎藤は救援でともに無失点。

(引用:iza:イザ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。