グラチャン2009 男子バレー、キューバとの力の差実感のストレート負け!・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラチャン2009 男子バレー、キューバとの力の差実感のストレート負け!


前日までの浮かれ気分がぶっとばされました。オリンピックに出場できなかったころの戦いを見ているかのようにサーブで崩され崩せず、ブロックされできずで完敗でストレート負け。キューバは強かったが世界ランキングは日本より下で最終戦のブラジルは世界ランキング1位だ見るのが怖い気もする。
今大会のいつものように粘ってついていってたのだが、サーブで崩して連続ポイントやブロックで連続ポイントがでないから前半につけられた点差に追いつき追い越せが今までの3試合と違ってできずにそのまま押し切られる展開が3セットで0-3で完敗。前日はまだ1勝もできていないエジプトにフルセットの戦いをしていたキューバだから負けるにしてももう少しいい戦いをしてくれると思ったが・・・

大会も後半になってきて身長の小さいアタッカー陣のジャンプ力が落ちてきているってことはないのかな?山村が怪我から復帰することがどれだけ日本男子バレーにプラスになるのか見てみたい。あと今のアタッカー陣に越川が加わるとどんなになるのか?

3連勝したときは身長がなくてもジャンプ力があればと思ったが本当の高さとスピードがあるところと対戦するとほんとうにこれで世界の上位と戦えるのか疑問。今回のベンチメンバーをみると枩田優介200cmと石島雄介197cmが2m前後の身長であとは全員四捨五入すると190cmという低身長、セッターは歴代最高身長の安部裕太の191cmとキャプテン宇佐美大輔184cm過去の日本のセッターから考えると高身長。さて最高到達点と身長とのバランスをどうとっていくのか。

それでもメダル確定は男子バレーボール界のこれから先を考えても自信となることだから、喜ばしいことだ。

おめでとう!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。