W杯バレーボール2011、全敗も見えてきた日本男子バレー!・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W杯バレーボール2011、全敗も見えてきた日本男子バレー!


セットの前半ついていけてもだんだん点差が付いていき最後は押し切られる感じで負けてしまう、完全に力負けの展開で観ていて痛々しかった。女子が5連勝というものすごい終わり方をしたのでどうしても男子にも期待してしまいがちではあるが世界ランクが18位とダントツの最下位の状況では期待するのが酷なんでしょうね。


日本のバレーは女子も男子も身長は確実に低くなっているが女子は佐野や竹下のレシーブが異常なほどいいのと比較すると男子は・・・・だし、女子は魔球かどうかはわからないがジャンピングフローターサーブなる武器があるが男子は一生懸命スパイクサーブを打つが決まる利点よりミスのダメージが目立つ。だから身長を低くしてスピードアップ(になってるかどうかよくわからないが?)を活かせないのできつい。

第二セットからセッターに阿部を入れて米山にかえてゴッツ石島を入れてサイズを大きくしたが結果はあまり変わらず打つ手がない感じがする。

もう全敗を回避できるかどうかに焦点が移ってきた、中国、エジプト戦がポイントとなりそう。

---------------------------------------
バレーボール・ワールドカップ(W杯)男子第3日(22日・日本ガイシホールほか)――世界ランク18位の日本は、同6位のキューバに3セットとも競り合ったが、ストレートで敗れ、開幕3連敗。

 日本は、対キューバ戦14連敗となった。大会3連覇を目指すブラジルはフルセットの末、イタリアに敗れ初黒星。ロシア、ポーランドは開幕3連勝。
---------------------------------------
(引用:YAHOO!JAPANニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。