高校野球の監督の抗議ときくと、ドカベンの土井垣監督思い出す・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校野球の監督の抗議ときくと、ドカベンの土井垣監督思い出す


審判もプロ野球の審判のようにプロではないので、プロの審判でもミスはあるのでアマチュアの審判なら尚更ミスもあることが想像できるのであまり審判に抗議するのはかわいそうに思える。それにプロでもほとんど抗議してもくつがえることがないことを考えると時間の無駄にも思える。

しかし、どうしても抗議したい状況で選手がするより保護者的立場の監督が抗議するという考えもありかな?

自分がこの記事をみて即座に思い起こしたのが、ドカベンの土井垣監督がホームベース上のクロスプレーで審判が巻き込まれて審判が持っていたボールが飛び出し、落ちたボールの1つを拾ってタッチされてアウトになったことに対して抗議したことだった。相手の高校は思い出せないが抗議された審判が「ムッ」としていたのは記憶にある。これらの記憶は定かではないので間違ってたらごめんなさい(笑

---------------------------------------
レンジャーズのダルビッシュ有投手が1日、自身のツイッター上で、選抜高校野球に出場していた横浜・渡辺元智監督を擁護した。

 ダルビッシュは「横浜高校渡辺監督に注意って。てかいつも思うけど何で抗議がダメなの?高校野球やってた時から色々と謎な決まりが多かった記憶が。」とつぶやいた。

 1日の準々決勝では、横浜の走者がホームベースを踏まなかったと相手のアピールでアウトとなり、渡辺監督が直接審判に抗議し、注意を受けた。

 ダルビッシュ自身も東北高時代の03~04年に甲子園で活躍したが、何かと審判や高野連から注意を受けていた。

(引用:YAHOO!JAPANニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120402-00000023-dal-base
---------------------------------------

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。