岡島秀樹、4月の最優秀新人を受賞・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡島秀樹、4月の最優秀新人を受賞


米大リーグ機構は2日、ア・リーグの4月の月間最優秀新人にレッドソックスの岡島秀樹投手(31)を選出した。同賞は2001年に新設された表彰制度で、日本選手の受賞は同年に4度のイチロー外野手(マリナーズ)、02年4月の石井一久投手(当時ドジャース)、03年6月の松井秀喜外野手(ヤンキース)以来、4人目。岡島は同僚の松坂大輔投手、デビルレイズの岩村明憲内野手らを抑えての栄誉となった。

岡島は4月、12試合に登板。2日のデビュー戦こそソロ本塁打で失点したものの、その後は11試合連続無失点の好投で防御率0.71をマークした。20日のヤンキース戦でメジャー初セーブを挙げるなど、宿敵に勝利した5試合すべてに登板してチームの地区首位に貢献。「本当に自分でいいのかと思う。光栄だし、うれしくて仕方がない。日本でももらったことがないし、米国に来て良かった」と、受賞の喜びを語った。

今年日本から大リーグにいった選手の中で一番目立っちゃってますから、その上12試合に
投げて失点1では中継ぎとして大リーグの中でも目立っていてこの受賞は当然かな。

あまり歴史のある賞ではないんだなイチローが大リーグに入った年にできたなんてなんだか
イチローらしいと思えてしまう。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070503-00000026-jij-spo

Copyright © スポーツをみ続けて All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。