井川慶投手2回目の登板も勝ち星付かず・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井川慶投手2回目の登板も勝ち星付かず


ヤンキースの井川慶投手は14日(日本時間)、敵地でのアスレチックス戦に今季2度目の先発登板。5回1/3を投げて失点3(自責点2)とまずまずの投球を見せ、勝利投手の権利を得て降板したが、後続の投手が打たれて、メジャー初勝利はおあずけとなった。ヤンキースは、延長の末、4-5でサヨナラ負けを喫した。

井川は序盤、落ち着いた投球で無失点ピッチング。4回にアブレイユの失策がらみで1点を奪われるも、5回は危なげない投球を披露した。3点リードで迎えた6回、ピアザに二塁打を浴びると、1死二塁からチャベスに内角高めのストレートをものの見事にライトスタンドへ運ばれて2失点。この直後にマウンドを降りた。結局井川は、5回1/3を投げて3安打、3奪三振、3四死球で3失点の内容。球数は95。

自分としては勝ち負けよりもやっぱり投球数がきになるな、6回途中で95球では7回を投げる
のも危うい球数だな、日本にいるときもかなり球数を投げる投手ではあったけどこんなに四球
をだしていたかな。
前回と違ってなんとか試合をつくれたのでローテを外される危険は回避できたが、日本のとき
はスロースターターだったらしいから今年もそうならローテを外される危険はもう少しの間ある
可能性も捨てきれないな。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070414-00000023-spnavi-base

Copyright © スポーツをみ続けて All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。