辰吉丈一郎、現役続行を改めて表明・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辰吉丈一郎、現役続行を改めて表明


世界ボクシング評議会(WBC)元バンタム級王者の辰吉丈一郎(大阪帝拳)が14日、関西空港着の航空機でトレーニングを行っていたタイから帰国した。
 4月20日に日本を離れてから1カ月弱。スパーリングなどで実戦感覚を取り戻すのを目的としていたが、「世界ランカークラスを相手に80ラウンドのスパーリングができたのが良かった」と成果を口にした。今後は所属ジムで練習を続けながら復帰の可能性を探ることにしている。

日本ボクシングコミッション(JBC)では、満37歳で特例を除き引退選手扱いとなる。15日に37歳を迎える辰吉は「(年齢で)止められる理由が分からない」と現役にこだわることを改めて表明。辰吉は2003年を最後にライセンスの更新を行っておらず、JBCでは現在引退扱いとなっている。

まだ現役にこだわってがんばっていたんだな、体のことをかんがえての満37歳で引退選手
扱いなんだろうけど最近はどのスポーツでも選手生命が延びていることを考えると身体に
打撃を受けても大丈夫と診断結果があれば試合させてあげてもいいのではないか。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070514-00000045-jij-spo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。