田中幸雄が史上最遅通算2000安打達成・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中幸雄が史上最遅通算2000安打達成


日本ハムの田中幸雄内野手(39)は17日、楽天12回戦の四回、山村から右前打を放ち、史上35人目の通算2000安打を達成した。22年目での通算2000安打は史上最も遅い記録で、39歳5カ月は歴代6位の高齢達成。

日本ハムからは、前身の東映時代の72年の張本勲、90年の大島康徳に次いで3人目の達成。日本ハム一筋でプレーした選手では史上初の快挙となった。規定打席に到達したシーズンで打率3割以上を1度もマークせずに2000安打を達成したのは、巨人・柴田勲に次いで2人目。

安打製造機でない人でも長く選手を続けることができれば2,000本安打を打って名球界入り
も可能ということを知ると他の一流選手以外の選手にも希望が出てくる。

(引用:ライブドアニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。