福原愛の世界選手権が終わった・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福原愛の世界選手権が終わった


世界ランク11位のエース福原愛(18=ANA)が、早すぎる終戦を迎えた。女子シングルス3回戦で同63位の格下ドデアン(ルーマニア)にストレート負け。出場3種目すべてで16強以上を逃し、3度目の世界選手権は自身最悪の結果に終わった。

全力で打ち込んだスマッシュが台を大きく越えて行く。4日目にして福原の世界選手権が終わった。ため息とともにコートへ背を向けた。出場3種目すべてで16強入りを逃したのは、3度目の世界選手権で初めて。「自分の実力のせい。いいところなく終わってしまった」。血の気の引いた顔でインタビューに答えた。
 日本女子「最後のとりで」となった女子シングルス3回戦。世界ランク63位の格下ドデアンにパワーで押され、ミスを連発した。ジュースの末に第1ゲームを10-12で落とすと、まさかのストレート負け。「前回と同じ成績(シングルス3回戦敗退)でショック」。過去2大会は格上に敗れていただけに、なおさらだ。

小さいときから注目を浴びてきて年齢は若いが福原愛はもうベテランといっていいと思うので
すこし精神のリフレッシュが必要とみた。
ここのところの成績をみたら完全に伸び悩んでいるししばらくお休みしてみては?でも石川佳純
という若手もでてきてるのでそうも言っていられないかな。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070525-00000053-nks-spo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。