松坂大輔、体調不良で5失点も打線の援護で7勝目・大リーグ・プロ野球・高校野球・ゴルフ・テニス・サッカーなど日本人選手の情報を中心にスポーツ界をみていくブログ

Google
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松坂大輔、体調不良で5失点も打線の援護で7勝目


米大リーグ、レッドソックスの松坂大輔は26日(日本時間)、敵地でのレンジャーズ戦に今季10試合目の先発登板を果たした。5回5失点と打ち込まれて降板したが、味方打線の援護に助けられ、アメリカンリーグトップタイの7勝目(2敗)を挙げた。また、レッドソックスの岡島秀樹が、4点リードの8回から5番手として登板。危なげない投球で3者凡退に抑えた。チームは10-6で勝利。

松坂は3回まで無失点ピッチング。快調な滑り出しを見せたが、4回に2本塁打を浴びるなど、突如乱れて5失点を喫した。5回もピンチを招いたものの、何とか無失点で切り抜けて、この回でマウンドを降りた。この日は、被安打7、奪三振6、四球3の投球内容で、球数は85だった。また、注目のソーサとの対決では、第2打席で左中間を破るタイムリー二塁打を浴びた。第1打席は空振り三振、第3打席はセカンドゴロ併殺打。

突然の乱調4月の投球を思い出してしまった、もの凄く辛そうな感じで今まではマウンドまで
小走りでむかっていたので歩きながら大きく息を吐く仕草をみて変だなと思っていたら胃の辺りがおかしいみたいで体調不良らしい。今後に響かないといいのだけど。
岡島は相変わらず好調最後の打者の打球はちょっと冷っとしたけど3者凡退できっちりしめた。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070526-00000014-spnavi-base

Copyright © スポーツをみ続けて All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。